イッキのブログ

主にゲームについて書きます。以前はClash Royaleを中心に書いていたブログです。

【クラロワ】4/4 CRL East開幕!CRL無くなっちゃうの・・・?

こんばんは。イッキです。

3/2はクラロワのリリース日で今年で4周年のようですね。私がこのゲームを始めて3年目になりました。モチベーションのふり幅が大きいものの、なんだかんだ楽しく3年も続けられる良いゲームを教えてくれた友人には感謝です。

 

今年も開幕CRL East 出場チーム

f:id:ikki803:20200302214537j:plain

f:id:ikki803:20200302214608j:plain
wikiwiki.jp

いつものKabutom神がまとめてくれているWikiです。詳細は上記リンクを参照ください。以下は簡単にまとめた出場チームの主な大会成績です。

 

チーム名 過去の最高成績
Nova Esports 2018クラロワリーグ 世界一決定戦 優勝
W.EDGM 2019クラロワリーグ 世界一決定戦 準優勝
PONOS 2018クラロワリーグ 世界一決定戦 ベスト4
FAV gaming 2019クラロワリーグ 世界一決定戦 ベスト4
KIX Team(旧KIX) クラロワリーグ アジア2019 ベスト4
Team Timing(旧DragonX) 2018クラロワリーグ 世界一決定戦 ベスト4
Talon クラロワリーグ アジア2019出場
TTG 初出場

 

魔境か?

世界一決定戦出場経験がある、かつベスト4以上の成績を残しているチームがほとんど。選手の入れ替わりが激しいため、現時点で全てのチームが成績のままの実力があるかどうかは判りませんが、リーグを通して各チームの地盤・地力は相当なものと考えて良さそうですね。

 

日本のチームが半分に!CRLはもう終わっちまうのか・・・?

見て判る通り、日本チームのDNGとGameWithがチーム解散という形で今大会から不参加となってしまいました。日本最大手のゲーミングチームといっても良いDetoNationが手を引くということはビジネス的にそういうことなんだろうな・・・という気持ちが正直強いです。

ですが、「オワコンなんだ・・・おしまいだ・・・」と悲観するのもまだ早いのかなと思う気持ちも半分あります。

 

8000最強決定戦を見て思ったこと

www.youtube.com

先日行われたドズルさん主催の8000最強決定戦。

ここで感じたことは「プロにはなっていないけど強い人ってかなりいるのでは・・・?」ということ。

本大会ではプロだけでなく、アマチュアのプレイヤーも合わせて試合を行ったわけですが、プロシーンと引けを取らない試合内容だったと思います。界隈をより一層盛り上げるのであれば、こういった表舞台に未だ立てていないプレイヤーにスポットを当てるのもアリなのでは?

そう思っていた矢先・・・

荒野行動で超有名な超無課金さんがクラロワでも国内リーグ(?)主催の構想はあるとのこと。

僕が求めていたのはこれ!

そう。これなんですよ。

1.日本でクラロワの国内リーグが生まれる

2.国内リーグ開催に合わせてチームができる

3.ドズルさんや、きおきおさんといったインフルエンサーが持ち上げる

4.Supercellに日本でかなり盛り上がっている状況が伝わる

5.スパセル「そんなに盛り上がってるなら、その大会を日本の独立リーグにするか」

6.CRL Japan爆誕

 

難しい話は判らないので、現実ガン無視のお花畑ポジティブシンキングを垂れ流しました。

しかし、日本で色々なチームが作られて未だ表舞台に立てていない多くの日本人プレイヤーが活躍するところはかなり見たいんですよね。JACK選手 vs むぎさんとかプロシーンで見れるのを想像するだけで涙出そうです。

各地方でも同じように地方でリーグが開催されて、代表を決めて世界一決定戦って流れが1番盛り上がるんじゃないかなーと個人的には思います。

やはり視聴者側からすると世界一決定戦なのに自国の代表チームが出場できないでは寂しいですし、視聴率の低下にも繋がってしまいますからね。

 

結論

クラロワがリリースされて4年、プロリーグができて今年でまだ3年目。

まだ3年なんです。今後国内で盛り上がりそうな雰囲気をビシビシ感じますから、オワコンなんじゃないかというにはまだ早いのかなと個人的には思います。

最後に、CRL Eastは魔境のように感じておりますが、今年も日本チームを応援していきます!