イッキのブログ

主にゲームについて書きます。以前はClash Royaleを中心に書いていたブログです。

【クラロワ】クラロワ世界一決定戦に現地参戦

こんにちは。イッキです。(ちょっと長めの記事になります)

 

完全にブログの更新が滞っていました。

 

ラクラ・クラロワ・ブロスタの三本柱のせいで時間がなかった訳では断じてありません。ありま・・・すん・・・

 

クラロワ世界一決定戦、現地参戦

試合前

12月1日に行われたクラロワ世界一決定戦(通称:CRL)に現地参戦してきました。

ぼっちで。

 

クラロワの年齢層は学生が多いので、若者で溢れていると思っていたのですが、

意外にもちらほら社会人っぽい方々が居たので、若者の雰囲気による窒息死はまぬがれました。

 

会場に入り、奥まで進むとミニペッカがお出迎え。非常にかわいい。

f:id:ikki803:20181202125613j:plain

 

ミニペッカを撮った後、周りを見渡すと日本チームの選手が普通に居てびっくり。

GameWithの選手は全然見ることができませんでしたが、FAVとDNGの選手がファンの方々と写真をバシバシ撮られてました。

 

私は高回転ホグを使うきっかけとなったおこめちん監督と写真を撮って頂きました。おこめちん監督ありがとうございました。

 

試合開始直前

f:id:ikki803:20181202131812j:plain

※めちゃくちゃ小さいですが、ステージ上にはきおきおさん

 

試合開始15分前辺りからYouTuberのきおきおさんによるオープニングトークが始まり、

観客にグッズを投げるコーナーが行われました。(このときはまだ配信外)

観客席最上段に座っていたため、100%届かないだろうと眺めていたのですが、私の手元までシャツが飛んできました。

きおきおさん、本当にありがとうございます。

 さすがに盛り上げ上手、かなり会場が盛り上がったところで、試合開始となりました。

 

試合を通して

全体で特に目立っていたのがトルネ・ディガーの2枚BAN。

どちらも汎用性の高さからのBANだったのかなという印象。

また、「お互いの防衛が上手すぎるため、強制的にタワーを削ることができる呪文が強い」と解説の中でドズルさんが話されていましたが、ディガーもこれに該当するためのBANだったかと思います。

 

1v1/2v2共に多く見られたのがゴレ・ラヴァ・枯渇・ロイジャイだった印象です。

解説でも言われていましたが、ライドラ・メガゴについてはほぼマストでデッキに入っていた気がします。

また、ロリババ・墓石・アイスウィズ・ランバー・ベビドラの採用率が高かったように思えます。

というか遅延+範囲攻撃の組み合わせ(墓石+アイスウィズ+ベビドラ)が強かった。

 

特に印象に残った試合はNOVA eSports vs KING-ZONE DragonXの2v2の試合。

偽きおさんも解説で話されていましたが、

NOVAの巨スケを利用した攻めつつ防衛も行う、カウンターの形を作らせない試合展開がとても印象的でした。

 (動画の4:44:00辺りから)

 

1日を通して

優勝したNOVA eSportsはさすがの一言。

ゲーム内トップクランの実力は素人目から見ても他のチームとは一味違う試合を繰り広げていました。

PONOS Sportsを破り、決勝進出を果たしたVivo Keydはチームリーダー・監督を欠く、3人での出場で、逆境を乗り越えていく姿は夏の甲子園金足農業のようでした。

 

1年間日本で見守ってきたPONOS Sportsはベスト4という結果ではありましたが、

他国とも引けを取らない実力を生で見ることができ、世界一決定戦という大会を非常に楽しむことができました。

応援する側としてもImmortalsに勝利したときは本当に優勝があるのではないかと夢を見させてもらいました。

1年間お疲れ様でした。

 

日本の他のチームにも昨日の大会はかなりの刺激になったと思うので、来期のクラロワリーグアジアが今から楽しみになった1日でした。

 

f:id:ikki803:20181202145319j:plain

今回の戦利品

シャツがオープニングで貰えたもので、その他は入場者全員プレゼント。

が、よくよく確認するとシャツのサイズがS。

180cm 85kgの男が着るにはだいぶ少し窮屈でした・・・